よくある質問|HAX Tokyo|スタートアップ|アクセラレーター|ハードウェア|住友商事

FAQ

よくある質問

1. HAX Tokyoのプログラムの応募方法は?

apply for HAX Tokyo」から応募下さい。

2. 応募要件・資格は?
  1. 原則として株式会社もしくは法人化を目指すチームであり、IPO・M&AといったExitを志向するスタートアップ。

  2. チームメンバーが2名以上であること(1名のみは不可)。

  3. 開発している製品が、ハードウェア(ロボティックス、IoT等)もしくはハードウェアに関連していること。

  4. HAX Tokyoプログラム(90日)を通じてCEO・CTO等の経営陣が参加できること。

  5. HAX 深センのプログラム(120日-160日)に合格した場合はSOSVからの投資(最大US$250K)を受け、プログラムに参加すること。

3. 他のアクセラレータと比較して、HAX / HAX Tokyoの特徴は?

ハードウェアに特化した東京・深セン・サンフランシスコを跨ぐスタートアップ育成プログラムであり、HAXはハードウェア分野ではNo.1のアクセラレーターになります。

4. HAXプログラム全体(東京・深セン・サンフランシスコ)の流れは?

HAX Tokyoのプログラム(コンセプトメイキング、3ヶ月)後、選ばれたスタートアップは、深センプログラム(プロトタイピング、4~8ヶ月)、サンフランシスコプログラム(ファンドレイジング、2~3ヶ月)へ参加できる可能性があります。

5. HAX Tokyoのプログラムは具体的にどのような課題が出される?

HAX Tokyoのステージ0のプログラムではコンセプトメイキングが中心となり、ビジネスコンセプト面ではカスタマーヒアリングや事業計画の策定など、技術コンセプト面ではプロトタイプの設計などになります。

6. 複数の事業プランで応募は可能?

可能です。但し、採択された後に1つの事業プランに絞って頂く可能性もあります。

7. 事業内容は住友商事グループ会社の事業に合っている必要があるか?

住友商事グループ会社の事業に近い領域ですと好ましいですが、事業も多岐に渡りますため、応募の際に制限はありません。

8. 英語(or 日本語)が話せなくても大丈夫か?

英語もしくは日本語のどちらかが話せることが前提で、深センのHAXメンバーとのコミュニケーションは英語(会話orメール)となります。

9. プログラム期間中は必ず専用のワークスペース(MIRAI LAB PALETTE)を使わなければならないのか?

既にオフィスをお持ちの場合、必ずしも専用ワーキングスペースを使う必要はありません。ただし、定期ミーティングやメンタリングセッション等は専用ワーキングスペースで実施しますので、都度お越しいただく必要はあります。

10. 同時に他社のプログラムに参加しても問題ないか?

本プログラムに集中頂きたいため、期間中の他社様のプログラムへの参加は原則禁止になります。

11. 出資は受けられるか?

HAX Tokyoプログラムでは、必要に応じ参加企業への出資を検討いたします(※出資を確約するものでもありません)。

Stage1の深センプログラムへ採択された場合は、最大25万USドルが出資されます。